スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

「前向きな心」という特効薬

「前向きな心」という特効薬    佐藤富雄(栄養生化学者)
2003年秋に毎日新聞に連載された「120歳まで元気に生きよう」シリーズの実践編の記事を要約したものをご紹介します
動物

「病は気から」とか「希望にまさる妙薬なし」といった格言があります
これらの言葉は、心の持ち方が身体に影響を及ぼすことを表していますが、実は、これらの格言は科学的に証明できるのです

これを見事に証明したのは、米国のカリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)麻酔生理学研究室のプラシーボ(偽薬)に関する大がかりな臨床実験でした ~ 1973年のことです

親知らずを抜いた患者の方々にボランティアで実験で参加してもらい、抜歯後、半数の人には本物の鎮痛剤(モルヒネ)を、残りの半数の人には偽薬を渡し、痛みが出たら飲むように指示しました

その結果、偽薬の方を飲んだ人の63%に鎮静効果があったことが認められました これをプラシーボ効果と言います

問題はなぜ痛みが止まったかです この時、新たな事実が分かりました
コスモス

プラシーボ効果のあった患者さんの血液から、あろうことか、モルヒネと非常によく似た構造の数種の化学物質が発見されたのです ~ 脳で分泌される脳内ホルモンです

それらの物質にはモルヒネより、はるかに高い麻酔効果があったのです その時に検出されたべータ・エンドルフィンはモルヒネの約100倍の作用があります
同じくエンケアーリンやシュノルフィンはモルヒネの150倍から200倍の作用があります

「痛みが止まる」と信ずることによって、人間は自らの体内で痛みを抑える物質をつくっていたのです

ここから大脳生理学の世界に「人間は、自分が望む結果をつくり出すために、脳内でホルモンを作り、体内の化学反応系をそちらにもっていく」という仮説が生まれました
これ以降、脳内ホルモンの研究が盛んになり、今では約30種が分かっています

これらのホルモンのうち、若さや老化にかかわるホルモンも数種あります

ベータ・エンドルフィンは、人間が夢や希望などいつも向上心を持ち、ハッピーな気持ちでいる時に脳内で分泌されます

さらに免疫細胞を活性化させ、脳機能を高め、若さを保つホルモンであることも明らかになってきました

文学的な表現では「幸せな人は、不幸な人より健康である」と言うこともできます

体は心の支配下にあるのです「100歳まで元気でいたい」と思う前向きの心が大切なのだということが、お分かりでしょう !
米井嘉一さんの本「老化と寿命のしくみ」官本実業出版社・本体1500円)

コーヒー

スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

健康サプリメントのお話(1)

アンチエイジング(加齢に立ち向かう)に挑戦しょう

あなたの細胞を20代に若返らすトライアングル栄養素とは !
あなたは今、何歳ですか !
ズバリ、自分は老化していると思われますか?
一口に老化いってもその現われ方は様々です
実は、老化は『知られざる3つの恐怖』となってあなたに襲いかかってきます 
(1)老化の知られざる3つの恐怖
肌の老け込み
気になる肌の老化、見た目が老け込んで、汚くなっていきます

皮膚の細胞は毎日少しづつ生まれ変わっていきますが、新しく作られる
サイクルが遅くなったり、出来上がりの質が悪くなっていきます

(2)身体細胞の衰え
私たちの身体は、全身あらゆるところが細胞で、その数60兆個、300種類からなる様々な細胞からできています
例えば血管も健康な細胞で作られていると、血液が勢いよく流れていますが、この細胞が正常に働かなければ、動脈硬化になり血栓が生じやすくなります

鼓膜の衰え ・・・ 聴力の低下で耳が遠くなっていきます

視力の衰え ・・・ 視力が低下し、疲れ目も慢性的になります

脳の衰え ・・・・・ 物忘れがおきやすく、多くなってきます
 
このように、脳の中には140億個もあるといわれる神経細胞はいろんな情報を伝達するためには大切な細胞なのです

(3)肥満化
痩せにくく、限りなく太っていく身体・・・いわゆる『オバサン体型』です

このように老化とは、全身60兆個の細胞が少しづつダメになっていくことをいいます ・・・・・ では、その原因はどこにあるのでしょうか?
 
人が身体を動かしたり、呼吸や体温を維持したり生きていくために必要なエネルギーを作り出すのが ・・・・・ 全身60兆個の細胞すべての中にある『ミトコンドリア』です

このミトコンドリアが元気に働かなければ、パワー不足で細胞自体の機能が低下します ・・・・・ これこそが『老化』の大きな原因です

ミトコンドリアが元気に働いている人は『老けにくい人』であり、反対にミトコンドリアの元気のない人は『老けやすい人』ということになります

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ロハスな生き方をめざそう ! !

最近注目されている「ロハスな生き方」についてまとめてみました

ロハス(LOHAS)とは「心と身体、地球にやさしいライフスタイル」を表す言葉で ~ LOHAS= Lifestyles of Health and Sustainability の頭文字をとった造語で、健康と環境、持続可能な社会生活を心がける生活スタイル ~ LOHAS・ロハスのことです
コーヒー

ロハスな生き方」とは次のような生き方・ライフスタイルを実践していることをいっています

環境にやさしいライフスタイルを心掛けている

商品を選ぶときは、価格よりも性能が良い、環境に優しいなどを判断のポイントとしている

持続可能な経済の実現を願っている

地球環境に負荷を掛けない、持続可能な農業、地球温暖化の防止の実現など
 
予防医学・代替医療を心掛け、なるべく西洋医学・くすりに頼らない 健康・運動・食事などについて十分な関心を払っている

ヘルシーな食品や安全なパーソナルケア製品を愛用する

有機野菜や化学添加物の少ない食品を選び、安全な(有害な成分を除去した)日用品を使う

自己啓発のために投資する
 
異文化とのふれあい・音楽や気功などの趣味・友人との時間に積極的に投資する

私もロハスな生き方、スローライフシンプルライフアンチエイジングをめざして行こうと思っています 

ご参考サイト 
 これからのシンプルライフのキーワード 「ロハス」って何? 

 LOHAS(ロハス)ってな~に?  

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

アンチエイジングは脳の若返りから

アンチエイジングで抗老化と若返りを試みるときに、大切なことは何でしょうか ! !  

花かご

加齢を食い止めて若返る ~ いろいろ勉強していますが、脳サプリが結果を出しているようです

記憶力が増し、よいアイデア・ヒントが浮かんでくる ~ 成分をみると納得しました ~ イチョウの葉やバコパモニエラなどという植物からのエキスです

脳内の血流をよくする効果が期待され、脳梗塞などからおきる認知症の予防にもなるとしわれています

以前聞いたアンチエイジングセミナーからのまとめです ~ アンチエイジングのためには脳を生き生きさせること、蘇らせること

脳を健康にすることが、身体全体を若返らせることになり、脳を若く保つこと、脳に十分な栄養を与えることが大切です

そのために、ビタミン、ミネラル、アミノ酸を十分含んだ食品の摂取が大事ですが、実際なかなか手に入りにくいので、健康補助食品・サプリメントをとることが望ましいようですね ! 

~  サプリメントはやはり天然で、吸収性のよいものを選びたいですね ! !  

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

めざそう健康長寿100歳 ! 見直おそうライフスタイル

人生80年から人生100年へ

動物

 
一度きりの人生、生まれてくるときも死ぬときもともに一人なら、最期はやすらかな大往生をとげたいと願いますが、今の時代ではなかなかむずかしいことです

人生100年に照準をあわせて、寿命の尽き果てるまでは、病いを患うことなく、健やかに生き生きとそして楽しく生きたいものです

老後はあまり長生きしたくない、ひとりで生きていけるのかほか、次のような様々な問題や悩みがあります
先端医療・介護医療のさらなる進歩による平均寿命の延長

食事の欧風化・ストレスの増大等による生活習慣病の増加

核家族化による孤独感・疎外感の増大

痴呆症アルツハイマーなど老人性疾患・寝たきりの増加

老人介護にともなう家族の負担増大

医療費負担・年金問題などの経済的不安など

しかしそれでも気持を持ち変えて、相談できる友人をひとりでも多く持ちましょう

孤独でなく家族や友人に囲まれた最期、極楽大往生文字どおり天寿をまっとうして行くという前向きな考えこそ大切なことと思います

健康長寿の実現できる条件とは !
人生100年をめざすとき、健康長寿を実現できる条件として、誰もが避けて通れない「老化・加齢」の人生最大の課題とどう取り組むかを真剣に考えることが大切です

健康長寿を実現できる条件としては生まれ持って備わっている寿命と生命力

食事・仕事・運動などの日々の生活習慣

事故や自然災害から身を守り抜く心得え

ストレスに順応できる物の見方や考え方

すこやかな健康長寿をめざす願望と意欲 などがありますが ~ これらの要件に加えて「老化・加齢」に果敢に立ち向かうためにどのような心構えと具体的な実践行動をして行くかを考える
~ 「アンチエイジング」こそが健康長寿の大きな鍵になります

「意識を変えること」から始めましょう
最近の健康関連の図書から印象的なことを思い出してみましょう !
それは「常識」とは何かということです ~

例えば私は最近まで「薬で病気が治る」と思っていたことです
それはそうではなくて、薬は痛みを柔らげたり、急性症状を抑えたりするのが目的で、病気そのものを根本的に治癒させてはくれないということです

高血圧・糖尿病・関節痛などのいわゆる生活習慣病で長期間、薬を飲み続けることは考え直さないと ~ と思っています
生活習慣そのものを改めることなど「病気は自分の力で治す」という意識を持つことが大切です

そのためにはいろいろな健康セミナーに参加したり、本を取り寄せて読むことなども大切です

~ まず「意識を変えること」から始めましょう !  

花かこ゜ 

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。