スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

「前向きな心」という特効薬

「前向きな心」という特効薬    佐藤富雄(栄養生化学者)
2003年秋に毎日新聞に連載された「120歳まで元気に生きよう」シリーズの実践編の記事を要約したものをご紹介します
動物

「病は気から」とか「希望にまさる妙薬なし」といった格言があります
これらの言葉は、心の持ち方が身体に影響を及ぼすことを表していますが、実は、これらの格言は科学的に証明できるのです

これを見事に証明したのは、米国のカリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)麻酔生理学研究室のプラシーボ(偽薬)に関する大がかりな臨床実験でした ~ 1973年のことです

親知らずを抜いた患者の方々にボランティアで実験で参加してもらい、抜歯後、半数の人には本物の鎮痛剤(モルヒネ)を、残りの半数の人には偽薬を渡し、痛みが出たら飲むように指示しました

その結果、偽薬の方を飲んだ人の63%に鎮静効果があったことが認められました これをプラシーボ効果と言います

問題はなぜ痛みが止まったかです この時、新たな事実が分かりました
コスモス

プラシーボ効果のあった患者さんの血液から、あろうことか、モルヒネと非常によく似た構造の数種の化学物質が発見されたのです ~ 脳で分泌される脳内ホルモンです

それらの物質にはモルヒネより、はるかに高い麻酔効果があったのです その時に検出されたべータ・エンドルフィンはモルヒネの約100倍の作用があります
同じくエンケアーリンやシュノルフィンはモルヒネの150倍から200倍の作用があります

「痛みが止まる」と信ずることによって、人間は自らの体内で痛みを抑える物質をつくっていたのです

ここから大脳生理学の世界に「人間は、自分が望む結果をつくり出すために、脳内でホルモンを作り、体内の化学反応系をそちらにもっていく」という仮説が生まれました
これ以降、脳内ホルモンの研究が盛んになり、今では約30種が分かっています

これらのホルモンのうち、若さや老化にかかわるホルモンも数種あります

ベータ・エンドルフィンは、人間が夢や希望などいつも向上心を持ち、ハッピーな気持ちでいる時に脳内で分泌されます

さらに免疫細胞を活性化させ、脳機能を高め、若さを保つホルモンであることも明らかになってきました

文学的な表現では「幸せな人は、不幸な人より健康である」と言うこともできます

体は心の支配下にあるのです「100歳まで元気でいたい」と思う前向きの心が大切なのだということが、お分かりでしょう !
米井嘉一さんの本「老化と寿命のしくみ」官本実業出版社・本体1500円)

コーヒー

スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

くすりを使わずに風邪を治すには

朝晩冷え込む季節の変わり目で風邪を引いておられる方が多いですね ~ せき・くしゃみ・鼻水・発熱と体はウィルスと必死で戦ってこれを撃退しょうとします

風邪撃退のためには休養と栄養が大切で安易にくすりを飲むのは控えましょう ~ くすりは化学物質で人の体には異物です ~ それよりもよいサプリメントで風邪を追い払いましょう !

私が常用している風邪撃退のサプリメントは約400年間アメリカ先住民の間で愛用されてきたエキナセアという成分のもので全く安心して飲めます

風邪は万病のもとと言われますが、これは体の免疫力の低下を示すシグナルと考えるべきです

免疫力・基礎体力を上げるためにもふだんから栄養を十分にとっておくことが大切ですね ! 

ご 参考サイト 
サプリメントで健康に


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

健康サプリメントのお話(2)

サプリメント

あなたの身体が細胞から若返るスペシャル
  ・・・・・・身体の内側、細胞から若返る

次にミトコンドリアの中にあって、年齢と共に細胞の中で不足していく重要な3つの物質をご紹介しましょう

世界が注目した『若返りトライアングル』

(1) コエンザイムQ10(CoQ10)・・・ 『ATP』の仕上げ役
ミトコンドリアが作り出すエネルギーの正式名称は『ATP』(アデノシン三燐酸)
食事で摂取した『糖』や『脂肪』を加工し、『ATP』を作るには仕上げの段階で『酵素』が必要になります
  この酵素を運んでくるのが『CoQ10』の仕事です

『ATP』の爆発力により、身体も動き、心臓や肝臓も働き、さらに新しい細胞を生み出すための細胞分裂も行われるのです

しかし体内のミトコンドリアの機能は、年齢と共に低下し、エネルギーも年々作りにくなり、その結果、細胞を動かす爆発力が不足し、心臓、肝臓などの全身の臓器の働きが鈍くなっていきます

目や耳の細胞なら機能が低下、皮膚の細胞なら肌荒れと身体中に不具合が起きてきます

CoQ10を補給する事で、エネルギーが新たに作られるようになり、衰えた細胞も元気を取り戻します ・・・・・ CoQ10は全身いたる所でパワーを発揮します

(2) αリポ酸 ・・・ 『糖』の加工(下ごしらえ役)
ミトコンドリアが生み出すエネルギーATPの主原料は食事でとった『糖』、それは炭水化物と脂肪です

消化吸収されて細胞まで運ばれてきた『糖』は、そのままでは効率よくエネルギーに変えることが出来ないため、『αリポ酸』が糖を手際よく加工し使いやすい形に変えていきます

このαリポ酸も年を重ねるごとに体内から減っていくため、『糖』をエネルギーに変えにくくなり、体内で『糖』が余って『脂肪』となり蓄積されて『中年太り』の大きな原因となります

(3) L-カルチニン ・・・ 『脂肪』の加工役(下ごしらえ役)
体内で脂肪の代謝に大きく関わっている重要な物質です
『L-カルチニン』は、ミトコンドリアの膜の部分で待機し、血液中に運ばれてきた脂肪をミトコンドリアの中へ次々に取込んで加工します

使いやすい形になった脂肪は、糖と同様CoQ10により大事なエネルギーへと変えられていきます

『L-カルチニン』は全身の骨格筋と心臓に多く集中し、特に多い場所は、全身の筋肉と心臓を動かしている『心筋』です

心臓が動くために使われるエネルギーの約70%は脂肪です
アミノ酸を原料に作られるL-カルチニンも、年とともに減少する物質ですが、心臓の働きが鈍っても、全身で使われる血液の必要量は変わりません

量を維持するためには、心臓が動く回数や心拍数を増やすしか手段がない
ために、老化しつつある心臓が無理をして頑張ってしまいます
L-カルチニンの減少は、思わぬところで身体に負担をかけてしまいます

減ってしまったL-カルチニンを補うためには !
L-カルチニンはもともと牛乳やレバーに含まれている『アミノ酸』を主原料に体内で合成されているモノです

しかし加齢によって合成能力が衰えてしまうことを考えると、L-カルチニンそのものを補う方が確実といえます

加齢によって減った全身60兆個の細胞全てを補おうとすると・・・
ステーキなら1日5枚ほども食べないといけません
CoQ10・リポ酸同様、食事で補うのは難しい物質なのです

L-カルチニンの研究が進んでいるアメリカではサプリメントで摂るのが一般的といわれています

上記の3つの物質を組み合わせると更なる相乗効果を発揮します
この3つを補うことが体内からの老化防止策の早道です

〔参考〕 サプリメントでの摂取目安は
CoQ10 ・・・・・・・   60 ~ 100mg
αリポ酸 ・・・・・   100mg
L-カルチニン ・・・  300 ~ 500mg
 参考・・・ライフプラス社(U.S.A)
 『CoQ10』+『プレインフォーラム』(αリポ酸+L-カルチニン)

★ 参考文献
☆ 『サプリメント健康バイブル』 ・・・ 日本サプリメント協会
  ヘルスケアハンドブック『理論編』 ・・・ (株)アルソア


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

アンチエイジングは脳の若返りから

アンチエイジングで抗老化と若返りを試みるときに、大切なことは何でしょうか ! !  

花かご

加齢を食い止めて若返る ~ いろいろ勉強していますが、脳サプリが結果を出しているようです

記憶力が増し、よいアイデア・ヒントが浮かんでくる ~ 成分をみると納得しました ~ イチョウの葉やバコパモニエラなどという植物からのエキスです

脳内の血流をよくする効果が期待され、脳梗塞などからおきる認知症の予防にもなるとしわれています

以前聞いたアンチエイジングセミナーからのまとめです ~ アンチエイジングのためには脳を生き生きさせること、蘇らせること

脳を健康にすることが、身体全体を若返らせることになり、脳を若く保つこと、脳に十分な栄養を与えることが大切です

そのために、ビタミン、ミネラル、アミノ酸を十分含んだ食品の摂取が大事ですが、実際なかなか手に入りにくいので、健康補助食品・サプリメントをとることが望ましいようですね ! 

~  サプリメントはやはり天然で、吸収性のよいものを選びたいですね ! !  

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

くすりはリスクです !

健康長寿をめざすにはどうすればいいのでしょう ! ! !

そのために、まず様々なリスクから身体を守る ~ そんなことから始めましょう ! ! !

コスモス

身体にとってのひとつの大きなリスク ~ それはくすりです !

医療費の負担が重くなって、くすり漬けの反省も高まっていますが、まだまだくすり信仰は根強いですね !

ここで、くすりについての考えをまとめてみました ! ! !

以前のタミフルの問題のように、くすりにはリスクがあります ~ くすりは化学物質から作られて、人の体には異物であり、常用すれば、何らかの副作用のリスクがあります

くすりには治療薬というより、急性症状を改善、緩和したりする効果を期待するにとどめておく

1か月以上使っても症状が改善しないときは、医師によく聞いてみる ~ 血圧降下剤・睡眠薬・かぜ薬・胃腸薬・便秘薬など習慣性になるものはできるだけ避ける
 
むやみにドラッグストアなどで安易にくすりを買って飲み続けないない

生活習慣を見直し、体質改善に積極的に取り組んで、くすりに頼らないで済むような健康を手に入れる

くすりではほんとうの健康は得られないと思います

常備薬は思い切って止めて、予防医学などの正しい知識や情報をとり入れて、思い切って良質のサプリメントに切り替えてみる

肩こり・痛痛・便秘なといわゆる不定愁訴などにも安易にくすりに頼らずに、その症状に合った良質な成分のサプリメントを積極的に使ってみる

今一度、くすりに対する常識を見直しましょう ~ みなさんのご意見をよろしく !  

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。