スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

「前向きな心」という特効薬

「前向きな心」という特効薬    佐藤富雄(栄養生化学者)
2003年秋に毎日新聞に連載された「120歳まで元気に生きよう」シリーズの実践編の記事を要約したものをご紹介します
動物

「病は気から」とか「希望にまさる妙薬なし」といった格言があります
これらの言葉は、心の持ち方が身体に影響を及ぼすことを表していますが、実は、これらの格言は科学的に証明できるのです

これを見事に証明したのは、米国のカリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)麻酔生理学研究室のプラシーボ(偽薬)に関する大がかりな臨床実験でした ~ 1973年のことです

親知らずを抜いた患者の方々にボランティアで実験で参加してもらい、抜歯後、半数の人には本物の鎮痛剤(モルヒネ)を、残りの半数の人には偽薬を渡し、痛みが出たら飲むように指示しました

その結果、偽薬の方を飲んだ人の63%に鎮静効果があったことが認められました これをプラシーボ効果と言います

問題はなぜ痛みが止まったかです この時、新たな事実が分かりました
コスモス

プラシーボ効果のあった患者さんの血液から、あろうことか、モルヒネと非常によく似た構造の数種の化学物質が発見されたのです ~ 脳で分泌される脳内ホルモンです

それらの物質にはモルヒネより、はるかに高い麻酔効果があったのです その時に検出されたべータ・エンドルフィンはモルヒネの約100倍の作用があります
同じくエンケアーリンやシュノルフィンはモルヒネの150倍から200倍の作用があります

「痛みが止まる」と信ずることによって、人間は自らの体内で痛みを抑える物質をつくっていたのです

ここから大脳生理学の世界に「人間は、自分が望む結果をつくり出すために、脳内でホルモンを作り、体内の化学反応系をそちらにもっていく」という仮説が生まれました
これ以降、脳内ホルモンの研究が盛んになり、今では約30種が分かっています

これらのホルモンのうち、若さや老化にかかわるホルモンも数種あります

ベータ・エンドルフィンは、人間が夢や希望などいつも向上心を持ち、ハッピーな気持ちでいる時に脳内で分泌されます

さらに免疫細胞を活性化させ、脳機能を高め、若さを保つホルモンであることも明らかになってきました

文学的な表現では「幸せな人は、不幸な人より健康である」と言うこともできます

体は心の支配下にあるのです「100歳まで元気でいたい」と思う前向きの心が大切なのだということが、お分かりでしょう !
米井嘉一さんの本「老化と寿命のしくみ」官本実業出版社・本体1500円)

コーヒー

スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

気分転換とストレス解消法

私たちは毎日たくさんのストレスに取り囲まれています

ストレスと上手に付き合い、解消することこそ健康長寿の最大のテーマです

そこで気分転換とストレス解消法を一緒に考えましょう

コスモス

ストレスを感じたら今の場所から思い切って離れていちばん好きなことややりたいことをやってみましょう   

まずは気分転換から始めましょう

疲れたら一息入れて美味しいコーヒでも飲んで窓の外をながめてひと休みしましょう

デシカメを持ってどんどん身近な草花や景色またかわいい子供や孫の写真を撮ってみましょう

家庭菜園は最高のストレス解消法のひとつです ~ 狭いスペースでもベランダでも季節の野菜づくりで気分転換しましょう

花は癒しの良きパートナーです ~ プランターに季節の花を植えてガーデニングを楽しみましょう

次はもっと身体を動かしましょう

気功で心に溜まったチリを吐き出しリフレッシュしましょう 

気軽に外へ飛び出しウォーキングで身体をほぐしましょう 

プールでは思い切り全身を伸ばして歩いてみましょう

スイミングは全身運動で最高です 無理せず少しづつ泳ぎましょう

自分に合ったストレス解消法を持つことが何よりも大切ですね ! ! !

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

くすりはリスクです !

健康長寿をめざすにはどうすればいいのでしょう ! ! !

そのために、まず様々なリスクから身体を守る ~ そんなことから始めましょう ! ! !

コスモス

身体にとってのひとつの大きなリスク ~ それはくすりです !

医療費の負担が重くなって、くすり漬けの反省も高まっていますが、まだまだくすり信仰は根強いですね !

ここで、くすりについての考えをまとめてみました ! ! !

以前のタミフルの問題のように、くすりにはリスクがあります ~ くすりは化学物質から作られて、人の体には異物であり、常用すれば、何らかの副作用のリスクがあります

くすりには治療薬というより、急性症状を改善、緩和したりする効果を期待するにとどめておく

1か月以上使っても症状が改善しないときは、医師によく聞いてみる ~ 血圧降下剤・睡眠薬・かぜ薬・胃腸薬・便秘薬など習慣性になるものはできるだけ避ける
 
むやみにドラッグストアなどで安易にくすりを買って飲み続けないない

生活習慣を見直し、体質改善に積極的に取り組んで、くすりに頼らないで済むような健康を手に入れる

くすりではほんとうの健康は得られないと思います

常備薬は思い切って止めて、予防医学などの正しい知識や情報をとり入れて、思い切って良質のサプリメントに切り替えてみる

肩こり・痛痛・便秘なといわゆる不定愁訴などにも安易にくすりに頼らずに、その症状に合った良質な成分のサプリメントを積極的に使ってみる

今一度、くすりに対する常識を見直しましょう ~ みなさんのご意見をよろしく !  

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

めざそう健康長寿100歳 ! 見直おそうライフスタイル

人生80年から人生100年へ

動物

 
一度きりの人生、生まれてくるときも死ぬときもともに一人なら、最期はやすらかな大往生をとげたいと願いますが、今の時代ではなかなかむずかしいことです

人生100年に照準をあわせて、寿命の尽き果てるまでは、病いを患うことなく、健やかに生き生きとそして楽しく生きたいものです

老後はあまり長生きしたくない、ひとりで生きていけるのかほか、次のような様々な問題や悩みがあります
先端医療・介護医療のさらなる進歩による平均寿命の延長

食事の欧風化・ストレスの増大等による生活習慣病の増加

核家族化による孤独感・疎外感の増大

痴呆症アルツハイマーなど老人性疾患・寝たきりの増加

老人介護にともなう家族の負担増大

医療費負担・年金問題などの経済的不安など

しかしそれでも気持を持ち変えて、相談できる友人をひとりでも多く持ちましょう

孤独でなく家族や友人に囲まれた最期、極楽大往生文字どおり天寿をまっとうして行くという前向きな考えこそ大切なことと思います

健康長寿の実現できる条件とは !
人生100年をめざすとき、健康長寿を実現できる条件として、誰もが避けて通れない「老化・加齢」の人生最大の課題とどう取り組むかを真剣に考えることが大切です

健康長寿を実現できる条件としては生まれ持って備わっている寿命と生命力

食事・仕事・運動などの日々の生活習慣

事故や自然災害から身を守り抜く心得え

ストレスに順応できる物の見方や考え方

すこやかな健康長寿をめざす願望と意欲 などがありますが ~ これらの要件に加えて「老化・加齢」に果敢に立ち向かうためにどのような心構えと具体的な実践行動をして行くかを考える
~ 「アンチエイジング」こそが健康長寿の大きな鍵になります

「意識を変えること」から始めましょう
最近の健康関連の図書から印象的なことを思い出してみましょう !
それは「常識」とは何かということです ~

例えば私は最近まで「薬で病気が治る」と思っていたことです
それはそうではなくて、薬は痛みを柔らげたり、急性症状を抑えたりするのが目的で、病気そのものを根本的に治癒させてはくれないということです

高血圧・糖尿病・関節痛などのいわゆる生活習慣病で長期間、薬を飲み続けることは考え直さないと ~ と思っています
生活習慣そのものを改めることなど「病気は自分の力で治す」という意識を持つことが大切です

そのためにはいろいろな健康セミナーに参加したり、本を取り寄せて読むことなども大切です

~ まず「意識を変えること」から始めましょう !  

花かこ゜ 

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

人はなぜ病気になるのでしょうか ?

私たちの健康長寿の大きなな障害となる病気の原因をいくつかまとめてみました ! ! !

動物
1 病原生物による感染
 ウィルス・細菌などの微生物・寄生虫などが原因で、免疫力・抵抗力の落ちた体に発症しやすくなる

2 栄養の低下と摂取不足
 野菜の大量生産による農薬・化学肥料の多用により、土壌のパワーが失われてミネラルなどの栄養不足が起因する

3 食品添加物による汚染
 加工食品の普及と食生活習慣の乱れにより体に多くの発ガン性の恐れのある食品添加物が起因する

4 有害化学物質・環境ホルモンによる汚染
 経皮吸収~シャープー・ハミガキなど日用品・化粧品に含まれる発ガン性の恐れのある有害化学物質・環境ホルモンが皮膚からの侵入して発症する 

5 医薬品の薬害の拡大
 過剰診療などにより、必要以上の医薬品の長期投与により副作用などに起因する 

6 ストレス・電磁波の増大
 ハイテク機器など経済の高度化により生じるストレス・電磁波などが引き金となって発症する
 
 健康長寿100歳をめざすとき、日々の生活習慣を十分に見直し、これらの避けがたいリスクを理解して、そのリスクからを少しでも自分の身体から遠ざけることがとても大切になってきます  

また病気の予防と免疫力・抵抗力を高めるためにも、信頼のある健康サプリメントを積極的にとることも大切と思われます


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。