カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「サプリメントガイド 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

サプリメントはなぜ必要か !

サプリメントの必要性について ! ! !
日々の健康維持のためには、ビタミンやミネラルを豊富に取る必要がありますね

本来は食物で摂るのが一番ですが、最近の食物の栄養価はかなり低下しているといわれています

野菜などは土壌が農薬や化学肥料づけで劣化し、野菜に含まれるビタミンやミネラルは50年前と比べ、3分の1から5分の1に減少しており、サプリメントで補わないと栄養失調になって、病気の一因とななるともいわれています

遺伝子レベルの体の弱点 ~ 生まれ持った弱い体質を補強するためには、食事だけでは不十分のようです

長年体内に蓄積した寄生虫や有害な化学物質などの毒物を対外に排出するには、食物だけでは効率がよくなく、デトックス(体内浄化)のためのサプリメントが効率的なようです

このような理由から、健康長寿・健康維持・生活習慣病の予防・体質強化そしてアンチエイジングのためにもサプリメントを摂ることが大切になってきています ! ! !    

 ご参考図書
サプリメントの詳しい成分・効用が書かれていて、いわば ~ サプリのバイブルです !
私も愛読していますが、病気・症状の説明と具体的な成分が詳しく書かれていて、とても参考になっています! ! !
Dr.とおの“新”医学―医者が知らない教えない病院に行かないための8章Dr.とおの“新”医学―医者が知らない教えない病院に行かないための8章 (2003/11/01) 星野 十 商品詳細を見る


スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

一億総ミネラル欠乏時代を生きる

日本人の脳がミネラル不足を起こしている ! !

動物


ひところ世間を騒がせた国会議員の政治とカネの問題
ミートホープの食肉偽装・赤福の消費期限偽装・船場吉兆の食品偽装問題
続発する悪質極まりない酒酔いひき逃げ交通事故
多発する殺人事件・家庭内暴力事件など
当事者が少し落ち着いて冷静に考えれば簡単には起きないような事件が多発しています

これらの事件はなぜ後を絶たないのでしょうか ! ?

原因のひとつとして考えられることは、最近の加工食品・即席食品の多用と化学物質・電磁波まみれで、私たちの脳がかなりミネラル不足に陥ってしまって、正しい判断能力が欠けてきていることが考えられます ~ このように感じているのは私ひとりでしょうか ! ? 

世界に誇れる素晴らしいすぐれた文化遺産を数多く残してきた日本人の脳に異変が起きているのではないでしょうか ! ?

これからは、便利さを強調するイメージ広告のみに簡単に惑わされずに、
食生活などの生活習慣をつぶさに見直おすこと
デトックスで長く体に溜まった毒を取り除いてみる サプリメント ~
特に植物ミネラルや脳のためのサプリ ~ を積極的に摂りいれて行くこともより大切になってきたように思います ! ! ! 

コスモス


関連ページもお読み下さい !
サプリメントはなぜ必要か !  

アンチエイジングは脳の若返りから 


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

サプリメントで健康に !

医療費の負担がますます重くなり、くすり漬けへの反省の声も聞かれますが、まだまだくすり信仰は根強いものがあります

くすりはリスク ~ 「くすりよりもサプリメントで健康に !」を提案して行きたいと思っています

クスリは化学物質で作られていて、基本的に人体には異物であり、長期間常用すると何らかの副作用があることを理解する

1か月以上使っても症状が良くならないときは、医師によく聞いてみること

くすりには治療薬というより、症状を緩和したり、数値を抑える効果のみを期待する

くすりではほんとうの健康は得られないと思います ~ むやみにドラッグストアで安易に薬を買わないこと ~ 睡眠薬・かぜ薬・胃腸薬・便秘薬などなどです

正しい情報を得て、症状に合った良質な成分のサプリメントを積極的に使ってみる 私たちのくすりに対する常識を見直しましょう !  

関連記事もお読み下さい !
クスリはリスクです !

 

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

くすりを使わずに風邪を治すには

朝晩冷え込む季節の変わり目で風邪を引いておられる方が多いですね ~ せき・くしゃみ・鼻水・発熱と体はウィルスと必死で戦ってこれを撃退しょうとします

風邪撃退のためには休養と栄養が大切で安易にくすりを飲むのは控えましょう ~ くすりは化学物質で人の体には異物です ~ それよりもよいサプリメントで風邪を追い払いましょう !

私が常用している風邪撃退のサプリメントは約400年間アメリカ先住民の間で愛用されてきたエキナセアという成分のもので全く安心して飲めます

風邪は万病のもとと言われますが、これは体の免疫力の低下を示すシグナルと考えるべきです

免疫力・基礎体力を上げるためにもふだんから栄養を十分にとっておくことが大切ですね ! 

ご 参考サイト 
サプリメントで健康に


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

健康サプリメントのお話(2)

サプリメント

あなたの身体が細胞から若返るスペシャル
  ・・・・・・身体の内側、細胞から若返る

次にミトコンドリアの中にあって、年齢と共に細胞の中で不足していく重要な3つの物質をご紹介しましょう

世界が注目した『若返りトライアングル』

(1) コエンザイムQ10(CoQ10)・・・ 『ATP』の仕上げ役
ミトコンドリアが作り出すエネルギーの正式名称は『ATP』(アデノシン三燐酸)
食事で摂取した『糖』や『脂肪』を加工し、『ATP』を作るには仕上げの段階で『酵素』が必要になります
  この酵素を運んでくるのが『CoQ10』の仕事です

『ATP』の爆発力により、身体も動き、心臓や肝臓も働き、さらに新しい細胞を生み出すための細胞分裂も行われるのです

しかし体内のミトコンドリアの機能は、年齢と共に低下し、エネルギーも年々作りにくなり、その結果、細胞を動かす爆発力が不足し、心臓、肝臓などの全身の臓器の働きが鈍くなっていきます

目や耳の細胞なら機能が低下、皮膚の細胞なら肌荒れと身体中に不具合が起きてきます

CoQ10を補給する事で、エネルギーが新たに作られるようになり、衰えた細胞も元気を取り戻します ・・・・・ CoQ10は全身いたる所でパワーを発揮します

(2) αリポ酸 ・・・ 『糖』の加工(下ごしらえ役)
ミトコンドリアが生み出すエネルギーATPの主原料は食事でとった『糖』、それは炭水化物と脂肪です

消化吸収されて細胞まで運ばれてきた『糖』は、そのままでは効率よくエネルギーに変えることが出来ないため、『αリポ酸』が糖を手際よく加工し使いやすい形に変えていきます

このαリポ酸も年を重ねるごとに体内から減っていくため、『糖』をエネルギーに変えにくくなり、体内で『糖』が余って『脂肪』となり蓄積されて『中年太り』の大きな原因となります

(3) L-カルチニン ・・・ 『脂肪』の加工役(下ごしらえ役)
体内で脂肪の代謝に大きく関わっている重要な物質です
『L-カルチニン』は、ミトコンドリアの膜の部分で待機し、血液中に運ばれてきた脂肪をミトコンドリアの中へ次々に取込んで加工します

使いやすい形になった脂肪は、糖と同様CoQ10により大事なエネルギーへと変えられていきます

『L-カルチニン』は全身の骨格筋と心臓に多く集中し、特に多い場所は、全身の筋肉と心臓を動かしている『心筋』です

心臓が動くために使われるエネルギーの約70%は脂肪です
アミノ酸を原料に作られるL-カルチニンも、年とともに減少する物質ですが、心臓の働きが鈍っても、全身で使われる血液の必要量は変わりません

量を維持するためには、心臓が動く回数や心拍数を増やすしか手段がない
ために、老化しつつある心臓が無理をして頑張ってしまいます
L-カルチニンの減少は、思わぬところで身体に負担をかけてしまいます

減ってしまったL-カルチニンを補うためには !
L-カルチニンはもともと牛乳やレバーに含まれている『アミノ酸』を主原料に体内で合成されているモノです

しかし加齢によって合成能力が衰えてしまうことを考えると、L-カルチニンそのものを補う方が確実といえます

加齢によって減った全身60兆個の細胞全てを補おうとすると・・・
ステーキなら1日5枚ほども食べないといけません
CoQ10・リポ酸同様、食事で補うのは難しい物質なのです

L-カルチニンの研究が進んでいるアメリカではサプリメントで摂るのが一般的といわれています

上記の3つの物質を組み合わせると更なる相乗効果を発揮します
この3つを補うことが体内からの老化防止策の早道です

〔参考〕 サプリメントでの摂取目安は
CoQ10 ・・・・・・・   60 ~ 100mg
αリポ酸 ・・・・・   100mg
L-カルチニン ・・・  300 ~ 500mg
 参考・・・ライフプラス社(U.S.A)
 『CoQ10』+『プレインフォーラム』(αリポ酸+L-カルチニン)

★ 参考文献
☆ 『サプリメント健康バイブル』 ・・・ 日本サプリメント協会
  ヘルスケアハンドブック『理論編』 ・・・ (株)アルソア


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

健康サプリメントのお話(1)

アンチエイジング(加齢に立ち向かう)に挑戦しょう

あなたの細胞を20代に若返らすトライアングル栄養素とは !
あなたは今、何歳ですか !
ズバリ、自分は老化していると思われますか?
一口に老化いってもその現われ方は様々です
実は、老化は『知られざる3つの恐怖』となってあなたに襲いかかってきます 
(1)老化の知られざる3つの恐怖
肌の老け込み
気になる肌の老化、見た目が老け込んで、汚くなっていきます

皮膚の細胞は毎日少しづつ生まれ変わっていきますが、新しく作られる
サイクルが遅くなったり、出来上がりの質が悪くなっていきます

(2)身体細胞の衰え
私たちの身体は、全身あらゆるところが細胞で、その数60兆個、300種類からなる様々な細胞からできています
例えば血管も健康な細胞で作られていると、血液が勢いよく流れていますが、この細胞が正常に働かなければ、動脈硬化になり血栓が生じやすくなります

鼓膜の衰え ・・・ 聴力の低下で耳が遠くなっていきます

視力の衰え ・・・ 視力が低下し、疲れ目も慢性的になります

脳の衰え ・・・・・ 物忘れがおきやすく、多くなってきます
 
このように、脳の中には140億個もあるといわれる神経細胞はいろんな情報を伝達するためには大切な細胞なのです

(3)肥満化
痩せにくく、限りなく太っていく身体・・・いわゆる『オバサン体型』です

このように老化とは、全身60兆個の細胞が少しづつダメになっていくことをいいます ・・・・・ では、その原因はどこにあるのでしょうか?
 
人が身体を動かしたり、呼吸や体温を維持したり生きていくために必要なエネルギーを作り出すのが ・・・・・ 全身60兆個の細胞すべての中にある『ミトコンドリア』です

このミトコンドリアが元気に働かなければ、パワー不足で細胞自体の機能が低下します ・・・・・ これこそが『老化』の大きな原因です

ミトコンドリアが元気に働いている人は『老けにくい人』であり、反対にミトコンドリアの元気のない人は『老けやすい人』ということになります

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

アンチエイジングは脳の若返りから

アンチエイジングで抗老化と若返りを試みるときに、大切なことは何でしょうか ! !  

花かご

加齢を食い止めて若返る ~ いろいろ勉強していますが、脳サプリが結果を出しているようです

記憶力が増し、よいアイデア・ヒントが浮かんでくる ~ 成分をみると納得しました ~ イチョウの葉やバコパモニエラなどという植物からのエキスです

脳内の血流をよくする効果が期待され、脳梗塞などからおきる認知症の予防にもなるとしわれています

以前聞いたアンチエイジングセミナーからのまとめです ~ アンチエイジングのためには脳を生き生きさせること、蘇らせること

脳を健康にすることが、身体全体を若返らせることになり、脳を若く保つこと、脳に十分な栄養を与えることが大切です

そのために、ビタミン、ミネラル、アミノ酸を十分含んだ食品の摂取が大事ですが、実際なかなか手に入りにくいので、健康補助食品・サプリメントをとることが望ましいようですね ! 

~  サプリメントはやはり天然で、吸収性のよいものを選びたいですね ! !  

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

くすりはリスクです !

健康長寿をめざすにはどうすればいいのでしょう ! ! !

そのために、まず様々なリスクから身体を守る ~ そんなことから始めましょう ! ! !

コスモス

身体にとってのひとつの大きなリスク ~ それはくすりです !

医療費の負担が重くなって、くすり漬けの反省も高まっていますが、まだまだくすり信仰は根強いですね !

ここで、くすりについての考えをまとめてみました ! ! !

以前のタミフルの問題のように、くすりにはリスクがあります ~ くすりは化学物質から作られて、人の体には異物であり、常用すれば、何らかの副作用のリスクがあります

くすりには治療薬というより、急性症状を改善、緩和したりする効果を期待するにとどめておく

1か月以上使っても症状が改善しないときは、医師によく聞いてみる ~ 血圧降下剤・睡眠薬・かぜ薬・胃腸薬・便秘薬など習慣性になるものはできるだけ避ける
 
むやみにドラッグストアなどで安易にくすりを買って飲み続けないない

生活習慣を見直し、体質改善に積極的に取り組んで、くすりに頼らないで済むような健康を手に入れる

くすりではほんとうの健康は得られないと思います

常備薬は思い切って止めて、予防医学などの正しい知識や情報をとり入れて、思い切って良質のサプリメントに切り替えてみる

肩こり・痛痛・便秘なといわゆる不定愁訴などにも安易にくすりに頼らずに、その症状に合った良質な成分のサプリメントを積極的に使ってみる

今一度、くすりに対する常識を見直しましょう ~ みなさんのご意見をよろしく !  

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

人はなぜ病気になるのでしょうか ?

私たちの健康長寿の大きなな障害となる病気の原因をいくつかまとめてみました ! ! !

動物
1 病原生物による感染
 ウィルス・細菌などの微生物・寄生虫などが原因で、免疫力・抵抗力の落ちた体に発症しやすくなる

2 栄養の低下と摂取不足
 野菜の大量生産による農薬・化学肥料の多用により、土壌のパワーが失われてミネラルなどの栄養不足が起因する

3 食品添加物による汚染
 加工食品の普及と食生活習慣の乱れにより体に多くの発ガン性の恐れのある食品添加物が起因する

4 有害化学物質・環境ホルモンによる汚染
 経皮吸収~シャープー・ハミガキなど日用品・化粧品に含まれる発ガン性の恐れのある有害化学物質・環境ホルモンが皮膚からの侵入して発症する 

5 医薬品の薬害の拡大
 過剰診療などにより、必要以上の医薬品の長期投与により副作用などに起因する 

6 ストレス・電磁波の増大
 ハイテク機器など経済の高度化により生じるストレス・電磁波などが引き金となって発症する
 
 健康長寿100歳をめざすとき、日々の生活習慣を十分に見直し、これらの避けがたいリスクを理解して、そのリスクからを少しでも自分の身体から遠ざけることがとても大切になってきます  

また病気の予防と免疫力・抵抗力を高めるためにも、信頼のある健康サプリメントを積極的にとることも大切と思われます


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

病気の治療と改善について

病気の治療と改善 ~ 西洋医学の限界と薬害を知ろう !
西洋医学 ~ 医薬の限界について
各種診断・精密検査・外科治療手術・麻酔・救急医療など医薬品・医療機械を使う医療診断と技術は飛躍的な進歩を遂げています

一方では、西洋医学は難病とされる神経系の病気・悪性疾患・膠原病・小児学習障害・多動症などの慢性疾患に対しては、十分に役に立っていないともいわれています 

くすりのリスク ~ 副作用のリスク
骨髄関係の疾患、皮膚の炎症、神経障害など妊婦が使えば奇形児が生まれる可能性が高まるといわれている 

風邪・腹痛・頭痛・便秘などでも簡単に市販薬を飲む
発がん性物質を含有した合成化学薬品が多用されている ~ など
長期間の薬剤の乱用により、深刻な病気の原因となっているケースが増加傾向にあります

このように今や臨床医学としての対症療法が中心の西洋医学がその限界に直面しているといわざるを得ないようです 

臨床医学から予防医学へ ~ 薬からサプリメントへ
病気の治療と改善のために、対症療法ではなく、病気の原因に着目して、全身状態を良くし ~ 自然治癒力・免疫力をアップさせてという東洋医学の考え方が見直されてきています

サプリメントも「自分の体は自分で守る ~ 病気にならないライフスタイル」の考え方から ~ 予防医学・東洋医学の発想から注目して行くべき時と思われます

コスモス

 


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

サプリメントの正しい選び方

サプリメントの正しい選び方を検証しましょう !

動物

 

市販(コンビニ・Dストアなど)のサプリメントで安価なものは、成分に十分なコストをかけられないために、コストの安い化学成分入りのものが多いので、それらはできるだけ避けましょう !

1社で1製品を新聞一面を広告で賑わしているサプリメントも広告費にかなりのコストを投じているので、それだけで判断して選ぶのは慎重にしましょう

おすすめしたい選び方はできれば1社で多くの種類を提供していて、品質・成分に十分こだわっている会社のものを選びたいですね

ビタミン・ミネラル・アミノ酸・酵素・ウコン・イチョウの葉・コエンザイム・αリポ酸などの成分のものが多数ラインアップされている会社のものを選びましょう

できるだけ化学成分の入ったものではなく、植物など天然の成分のものを使っていて、しかも吸収力のよいものを選びたいですね

薬事法で ~ に効くということは表現できないので、多くの信頼できる口コミ情報などを集めて慎重に選びましょう !

以前の納豆ダイエットねつ造問題を教訓に、1つの情報を鵜呑みにせず多くの体験報告や書籍・研修会などから正しい情報を集めてしっかりと比較検討して選ぶことが大切です

できれば1社に絞って良質で多くの種類を摂った方がシナジー(相乗)効果が期待できるようです

自己満足に陥らないよう、また広告に惑わされない消費者としてしっかりとした冷静な目を持ちたいですね ! ! !

自分の10~20年後の健康を考えて良いものをじっくりと選んで長く続けて効果を体感していくことが何よりも大切です ! ! !

コスモス

 
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

くすりからサプリメントへ

患者の心身の健康を考える代替医療に基づいた「薬離栄養」の本を読みました ~ 大事なポイントを整理しました !

健康のため、病気を治すために、人工的な合成化学薬品は使わないこと、くすりから離れる

病気になった時に、合成化学薬品・手術・放射線療法といった治療法をできだけ避ける

ちょっとした病気になっても、なるべく合成化学薬品に頼らずに、 天然のものを摂取することで、病気になる前の元の身体に戻すことを目指す

病院での医療だけで病気に対処しきれない面を補い、病気を予防する

自律神経とホルモンのバランスを整え免疫力を高めること

難病といわれる病気も、西洋医学のほか、代替医療や伝統医療、自然療法などで対処する

現代社会では、数多くの有害化学物質が人の身体の中に侵入し、様々な病気を引き起こしている 

それらの有害化学物質を解毒・浄化して病気の予防、難病の対処を可能にする 著者が勧めているサプリメントが次の3つです

(1)マルチミネラル液体飲料 ~ 豊富なビタミン・ミネラルで健康増進

(2)オメガ3脂肪酸 ~ ブドウの種などから抽出したサプリで動脈硬化などの予防改善効果

(3)OPC(オリゴメリック・プロシアニジン) ~ DHA・EPAのサプリで生活習慣病の予防と改善効果 西洋医学を補完する病気の予防方法や治療法で「病気を予防」「健康になる」方法について詳しく書かれていてとても参考になります

ご参考図書
薬離栄養学―ドクターとおが教える薬害からの「解放」薬離栄養学―ドクターとおが教える薬害からの「解放」 (2005/02) 星野 十

ご参考サイト
著者インタビュー 薬離栄養学 ドクターとおが教える薬害からの「解放」  

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

予防医学・分子栄養学とは

対症療法から原因療法としての代替医療へ ~ 予防医学・分子栄養学とは !
最近病気の治療について新しい考え方が注目されています

いわゆる急性疾患については西洋医学はすぐれていますが、慢性疾患には、あまり結果が芳しくないようで、限界もいわれています

一方伝統的医学・代替医療・自然療法・アーユルベーダ・中医学・デトックス・アロマ療法・音楽療法などの東洋医学にもとづく治療方法などが効果的といわれて、注目されつつあります

代替医療では身体の全組織に刺激を与えて活性化し、身体の調整を図って病気を治す方向に調整していきます

最近は薬に頼らず健康を維持するために東洋医学・統合医療が見直されてきているようです

薬草サプリメントの活用など生活習慣病など慢性疾患にはサプリメントで改善も報告されてきています

予防コストはかかりますが、がんなどの生活習慣病への治療費を考えるとむしろ負担が少なくなることも考えられます

サプリメントも健康長寿や生活習慣病の改善の点からも多いに注目する必要がありますね ! ! ! 


 ご参考図書

薬離栄養学―ドクターとおが教える薬害からの「解放」薬離栄養学―ドクターとおが教える薬害からの「解放」 (2005/02) 星野 十 商品詳細を見る

 「薬離栄養学」著者インタービューより   予防医学・代替医療の第一人者が分かりやすく書き下ろした、医者や薬から離れて元気な体を保つための情報について多いに語ります ~

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

くすりのイメージ広告にご注意 ! ! !

最近のTVなどで、製薬メーカーの健康をテーマにしたイメージ広告を見るたびに何か違和感を覚えることはないでしょうか !

消費者はTV広告の例えば「健康に貢献する」といったイメージに、感化されて、惑わされているのが、現状のようですね

治療とか痛みからの解放という緊急避難の役割を担っているといえば、しっくりくるのですが、みなさんはどのように感じられますか ?

また医薬品の製造の過程で多くの罪のない動物たちがが、いわゆる動物実験で犠牲になっていることを知ると、およそ健康のイメージとはほど遠い感じがしますね !

くすりで人が健康になっていくのではなく、その人の体が本来備わっている自然治癒力によって健康になっていく ~

運動や食事そしてサプリメントはそのお手伝いをしているということでしょう !

健康のためにくすりを摂り続けることは、体内に異物を入れ続けることになり、やがて副作用となって健康をむしばむことになって行くと思います ! ! !

健康長寿の面からもこれからは、食事やサプリメントにも、もっと関心を寄せて、自分の健康は自分で守る ~ ことがより大切になって行くと思います ! ! !

関連記事もお読み下さい !
 くすりはリスクです






(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。