カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「実践健康長寿気功 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

かんたん気功練習

沈再文気功より『通胃経気法』をご紹介しましょう
胃経に気をとおして、胃の調子を整える効果が期待できます

ゆっくりと全身をリラックスして力をぬいて肩幅ぐらいに立って、両手は下げておく

上体を前傾し、手のひらを上にゆっくりと膝ぐらいから胸の上のあたりまで軽く息を吸いながら上げてくる

両手のひらを下に手を胸から下ろしながらゆっくりと身体の中の邪気を追い出すイメージで長く息を吐いていく

これを数回くりかえします  どうですか、かんたんでしょう
身体がリラックスできていれば それが気功の体験です
特に夜寝る前に5~10分やってみてください
  
続けると,寝つきがよくなって、胃の調子もすっきりしてきますよ  
ぜひ一度おためしください
これを機会に あなたも気功をはじめませんか

とにかく吸うよりはくことが大切です、少しでも思い切り長く息をはく
呼吸法は最高の健康法と確信しています
健康長寿をめざして気功を毎日続けていきましょう

気功の楽しさ
気功は続けていくと身体が自然に動きだして、うきうきとした楽しい気分になっていきます

毎日の気功で 早朝気功で 目覚めと元気を 夜の気功で 疲れを癒し、深い眠りを 確かめてください

人が持つ自然治癒力を信じて、それをもっと高めるために毎日朝晩少しづつ続けましょう

動物

気功その素晴らしいその効果とは 
気功は自らがしっかりとした信念を持ち、独自の呼吸法とストレッチ功法を続けることにより人の内なる気が少しづつ高まりその効果が実感できるようになります
  
毎日少しづつの簡単なやさしい気功練習をとにかく続けてください
   ・・・・・まさに『継続は力なり』です
 
気功の効果
沈再文先生の『保健長寿功』や『簡易抜長功』に取り組んで13年ほどになりますが、具体的には
寝つきがよくなり、熟睡できるようになった
以前気になっていたおなかの調子がよくなった
気分が落ち着くようになった
   ・・・のような効果を実感しつつあります

スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

水中気功ウォークでストレッチ !

水中気功ウォークとは プールで水中ウォーク気功を取り入れてストレッチをかねてやる方法です 

手は両脇をしっかりしめて、両方の手のひらでプールの水を押しながら、足はしっかりとプールの底をつかむ気持で進みます
   
このとき手は両手を同時に前に押しながら進む方法と手を交互に押しながら進む方法とありますので、どちらでもやりやすい方でやってみてください 

花かご


呼吸は自然呼吸でいいですが、手で水を押すときに少し長くはくことを意識してやると効果が高そうです 

手と足を水の抵抗を利用してやるので永く続けるとストレッチ効果と気功の持つ気の高まり効果が加わって体力増強と持久力の向上や自律神経の安定といった効果が十分期待できます
   
これも継続が肝心で週3日ほどは実行してやることをぜひおすすめします


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

健康長寿気功とは

気功は中国における呼吸法を中心にした心身修練の方法といわれています
人間に備わる内なる気を自ら高めて心身とも健康な気分になって行き病いをも寄せ付けない丈夫な身体づくりをめざします
いわゆる超能力での治療法などとは違うものとお考え下さい
コスモス
気功とは
気とは生命エネルギーを、功は練習を意味します
一般に気功とは心身修練法をいいます

気功のめざすもの
調身(ちょうしん) ・・・・ 姿勢を正しく整える
調息(ちょうそく) ・・・・ 呼吸を長く深く整える
調心(ちょうしん) ・・・・ 心を素直に平穏に保つ

気功の効果
自然治癒力が高まり健康の維持・回復に役立つ 内なる気が充実し、生きる意欲が高まる
毎日続けると、すこやかな健康長寿が期待できる・・・・などです
  
気功の基本姿勢
足は肩幅に、平行にして立ち、膝は少し曲げる
舌先を軽く上歯茎につける
肩の力を抜いて、全身はリラックス

気功のポイント
毎日少しづつ体調に合わせて楽しく行なう
呼吸は吸うときが1、吐くときが2の割合で行なうとよい
吸うときは新しい気を入れ、吐くときは汚れた気を出すイメージで行なう

気功の用語
入静(にゅうせい)
脳が目覚めていて深く休んでいる状態をいいます

小周天(しょうしゅうてん)
任脈と督脈がつながり、気がめぐる状態 をいいます
 ・・・・赤ちゃんがお母さんのおなかの中にある状態です

逆複式呼吸
吸うときにおなかをへこませ、吐くときにふくらませる
 ・・・・特に気功の効果が高まります

気功 ~ その素晴らしいその効果とは
気功は自らがしっかりとした信念を持ち、独自の呼吸法とストレッチ功法を続けることにより人の内なる気が少しづつ高まりその効果が実感できるようになります
  
毎日少しづつの簡単なやさしい気功練習をとにかく続けてください
 ・・・・・まさに『継続は力なり』です

気功の効果
沈再文先生の『保健長寿功』や『簡易抜長功』に取り組んで13年ほどになりますが、具体的には
寝つきがよくなり、熟睡できるようになった
以前気になっていたおなかの調子がよくなった
気分が落ち着くようになった
 ・・・のような効果を実感しつつあります 

沈再文1  沈再文2
写真は沈再文先生の気功の実技の模様です

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

気功との出会い ~ 気功指導への夢

沈再文② 
気功との出会いは私の健康に大きな自信と希望をもたらしてくれました !
平成13年夏に椎間板ヘルニア改善のためコナミスポーツへプールに行き、その折に気功と出会いました

同年秋より神戸・三宮の沈再文(シンサイブン)気功普及教室で本格的に気功を学び始めました

平成18年3月に中級の沈再文気功指導員資格を習得し、同年4月から奈良市・平城西生き生き体操において年4回の気功の指導を続けています ~ 

平成20年3月より奈良市・佐紀地区にて年数回程度少人数による気功教室を始めています

沈再文気功の「保健長寿功・抜長功」など健康長寿気功を習得してもらい、地域の皆さんに健康で長生きしていただけるよう普及に努めています ! ! !

写真は沈再文先生の「抜長功」の実技の様子です

ご参考資料
「健康長寿気功へのお誘い」指導レジメ

健康長寿気功にご関心のある方はぜひお問合せ下さい ! 

お問合せコーナー


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

私の腰痛改善体験記

平成13年の春、右足太腿部裏側にしびれと痛みが走り、整形外科へ行くと椎間板ヘルニアと診断され、しばらく電気治療などを続けましたが、あまり良くならないのでその年の夏から近くのコナミスポーツ学園前に行くことにしました

コナミではプールの他に気功に参加し、担当の先生から沈再文気功で保健長寿功と簡易抜長功のレッスンを受けました

気功ははじめてでしたが、覚えやすく腰痛にも効果がありそうでしたのでしばらく続けてみました

プールでの水中ウォーキングとクロールと気功を続けましたが、少しづつ腰痛が良くなって行く感じでした
 
仕事で忙しくてプールに行けない時でも気功は毎日続けましたが、最近腰痛がかなり良くなっていることに気がつきました

沈再文気功では足腰や背骨などを伸ばす動作が多く出てきますが、その動作が腰痛改善に効果があるように思います

腰痛でお悩みの方には、気功を楽しみながら治して行くというのはいかがでしょうか   

今は沈再文気功を毎晩続けてより丈夫な足腰になる様にがんばっています
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

沈再文気功とは

沈再文気功とは
沈再文気功とは、沈再文先生が父である沈金林氏や中国の著名な師について長年に渡って学ばれた気功法の中から編み出された気功法です

沈再文①
写真は『少林寺正宗易筋経』及び『少林寺正宗洗髄功』の沈再文先生実技の様子です
平成15年11月9日(日)『沈再文特別講演会』神戸市勤労会館で  

沈再文気功の主な功法 
保健長寿功
経絡の流れをよくし、腎を強め、内分泌を調整することによって、身体を壮健にし長生をもたらすとされています

抜長功
背骨と全身を伸ばして、全身の筋肉の緊張と弛緩を行なうことにより、病気の予防や治療、老化予防、長生の効果があるといわれています

いずれの気功法とも初心者でも学びやすく、覚えやすい気功法です
長く続けることにより老化・病気の予防や治療に効果が期待でき、健康長寿のための最適の気功法といえます
   
簡易抜長功より『全身伸展』の気功練習
抜長功法の『全身伸展』で呼吸法とストレッチを取り入れた功法です

基本姿勢で立ち、左足を左側45度に一歩踏み出す

両足の膝を少し曲げ、両手をかたく握って腰の脇に置く 息を吸いながら、両腕を横に力いっぱい伸ばし、両手の指も扇状に伸ばす

手の動きと同時に両足もまっすぐに伸ばし、足の裏で地面を鷲づかみにする感じです  また このとき身体全体を思い切り伸ばしきって、緊張させることが大切です ( 写真を参考にして下さい )

息を吐きながら全身を緩めて、もとの姿勢に戻ります
この気功でも逆複式呼吸(吸うときにおなかをへこませ、吐くときにふくらませる) を取り入れると、特に気功の効果が高まります

ふだん使わない身体全身を鼻から息を吸って緊張させて伸ばしきり、口から息をはきながら緊張を一気にゆるめていきます
毎日5~6回ほど続けて素晴らしい気功の効果を体感して下さい

沈再文②
( 写真は沈再文先生の実技です )

沈再文特別講演会メモ
日時 平成17年9月4日(日)
演題 『抜長功の特色と健康に対する効果』講演と実技他
会場 神戸市勤労会館                  
講師 沈再文医学博士
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。