スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

メタボリックシンドロームを予防・改善しましょう

メタボリックシンドロームの主な原因は飽食(食べ過ぎ)と運動不足で、それにより内臓脂肪ができ、必要以上の内臓脂肪ができると代謝の異常が生じます

症状が進むと血液中のコレステロールや中性脂肪が必要以上に増えるなどし、動脈硬化の原因になります

生活習慣病とよばれている高血圧、高血糖、高脂血症の1つ1つは軽くても、内臓脂肪型肥満と重なると動脈硬化になるリスクが急激に増すことから、メタボリック・シンドロームと名づけられ、注意を喚起しています

内臓脂肪型肥満が危険とされるのは、最近の研究から、内臓脂肪を構成している脂肪細胞の中にひそむ悪役の物質が高血圧や糖尿病を発症させ、ひいては心疾患や脳血管疾患などの動脈硬化性疾患を引き起こすことが指摘されています

メタボリックシンドロームは食生活と運動で予防・改善ができる場合も多いので、早期に生活習慣を見直して、メタボリックシンドロームを克服しましょう

 あなたの理想の体重は ?   BMI値 → 体重÷身長÷身長
20未満はやせ過ぎで風邪をひきやすい
20 ~ 24.9 → 標準  
25以上は肥満で要注意       ~ という目安で22が理想値

 メタボリックシンドロームを予防・改善には何よりライフスタイルを見直おすことが大切です
~ ぜひこちらを参考にして下さい

 ご参考サイト 
病気にならないライフスタイル


知っ得?納得!!メタボリックシンドローム
メタボリックシンドロームがより詳しく分かります  

スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。