スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

沈再文気功とは

沈再文気功とは
沈再文気功とは、沈再文先生が父である沈金林氏や中国の著名な師について長年に渡って学ばれた気功法の中から編み出された気功法です

沈再文①
写真は『少林寺正宗易筋経』及び『少林寺正宗洗髄功』の沈再文先生実技の様子です
平成15年11月9日(日)『沈再文特別講演会』神戸市勤労会館で  

沈再文気功の主な功法 
保健長寿功
経絡の流れをよくし、腎を強め、内分泌を調整することによって、身体を壮健にし長生をもたらすとされています

抜長功
背骨と全身を伸ばして、全身の筋肉の緊張と弛緩を行なうことにより、病気の予防や治療、老化予防、長生の効果があるといわれています

いずれの気功法とも初心者でも学びやすく、覚えやすい気功法です
長く続けることにより老化・病気の予防や治療に効果が期待でき、健康長寿のための最適の気功法といえます
   
簡易抜長功より『全身伸展』の気功練習
抜長功法の『全身伸展』で呼吸法とストレッチを取り入れた功法です

基本姿勢で立ち、左足を左側45度に一歩踏み出す

両足の膝を少し曲げ、両手をかたく握って腰の脇に置く 息を吸いながら、両腕を横に力いっぱい伸ばし、両手の指も扇状に伸ばす

手の動きと同時に両足もまっすぐに伸ばし、足の裏で地面を鷲づかみにする感じです  また このとき身体全体を思い切り伸ばしきって、緊張させることが大切です ( 写真を参考にして下さい )

息を吐きながら全身を緩めて、もとの姿勢に戻ります
この気功でも逆複式呼吸(吸うときにおなかをへこませ、吐くときにふくらませる) を取り入れると、特に気功の効果が高まります

ふだん使わない身体全身を鼻から息を吸って緊張させて伸ばしきり、口から息をはきながら緊張を一気にゆるめていきます
毎日5~6回ほど続けて素晴らしい気功の効果を体感して下さい

沈再文②
( 写真は沈再文先生の実技です )

沈再文特別講演会メモ
日時 平成17年9月4日(日)
演題 『抜長功の特色と健康に対する効果』講演と実技他
会場 神戸市勤労会館                  
講師 沈再文医学博士
スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。